海外留学保険「お役立ちコラム」

海外留学「お役立ちコラム」

KIKIのフランス留学体験記 10 「一人っ子だけど兄弟6人」の謎

KIKIのフランス留学体験記 2014年2月26日

こんにちは。フランス留学体験記担当のKIKIです。

 

日本にずっと住んでいると、自分が無意識に当たり前だと

思い込んでいることになかなか気づく機会がありません。

 

でも、海外に留学すると、それまで常識だと思っていたことが

通用しないという経験をする人がほとんどです。

 

今回はフランスでの私の経験を一つご紹介したいと思います。

 

私がパリの大学に通っていた時、同じ授業を取っていて、

ちょっと仲良くなったフランス人の女の子がいました。

 

12月に入って、クリスマスの話をしていた時、

彼女は「家族全員分のプレゼントを買うために、

バイトを増やさなければならないから大変だ」と言っていました。

 

「兄弟が多いの?」と聞く私に、

「一人っ子だけど、兄弟が6人いるの」と答える彼女。

 

「一人っ子だけど兄弟6人」っていう意味、

皆さんは、すぐに理解できますか?

 

不思議そうな顔をする私に、彼女の両親は離婚していて、

今はそれぞれ別のパートナーと新しい家庭を

築いているということを説明してくれました。

 

彼女の両親から生まれたのは自分ひとり。(だから「一人っ子」)

母親と再婚相手との間には子どもが一人いて、

その母親の新しいパートナーには2人の連れ子がいる。

父親の方は、新しいパートナーとの間に子どもが2人いて、

父親の新しいパートナーには連れ子が1人。

 

つまり、彼女には異父兄弟が1人と異母兄弟が2人、

あと義理の兄弟が3人いるということなんですね。

 

日本でも離婚や再婚は珍しいことではありませんが、

フランスの場合は、この再構成家族というのが

本当に多く「家族」って一体何だろうとよく考えたものです。

 

 

Family Walk / Glyn Lowe Photoworks, 2 Million Views, Thanks

 

 

妹が1人いる4人家族で典型的な日本の「核家族」に育った私は、

自分の家族は「普通」だと思っていたのですが、

フランスではむしろ「珍しい」と言われることがあるくらいです。

 

「普通」って何だろう?

「当たり前」って何だろう?

「常識」って何だろう?

 

そんなことを日々考えざるを得ないのが、

海外留学という「異文化体験」であり、

これまでの自分に疑問を持ち、いろいろ考えることで、

視野を広く持てるようになるのかもしれません。

 

 

Family / photon_de

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んでいただいて有難うございました。

 

Merci et à bientôt !

PageTop